ここから本文です

【DEEP KICK】王者・内藤凌太が、RIZIN出場の拳剛を迎えV1戦

1/14(火) 19:16配信

イーファイト

 2月9日(日)大阪市・東成区民センターで開催される『DEEP☆KICK 42』の全カードと試合順が発表された。

【フォト】昨年の決定戦で、拳剛にパンチを当てる内藤

 新しく発表されたカードは「DEEP☆KICK-55kgタイトルマッチ」で、王者・内藤凌太(BELLWOOD FIGHT TEAM)に拳剛(誠剛館)が挑戦する。試合順は、トリプルメインの大トリとなる。

 両者は昨年1月に、鈴木真彦が返上した同級王座決定戦を争い、2-1の接戦で内藤が判定勝利した。

 内藤はシュートボクシング(以下SB)やONEで活躍する内藤三兄弟の長男。次男・大樹は元SB日本スーパーバンタム級王者で、一昨年11月にはRISEで那須川天心にリベンジマッチを挑んだことでも知られている。現在、大樹はONEムエタイに参戦し、2連勝中。
 2018年11月からドロー・不戦勝を含む5戦無敗だったが、昨年S-BATTLE KICK王者・竹野元稀にKO敗北してしまった。今回防衛戦で再起を狙う。

 対する拳剛は姫路の空手・キックボクシング道場「誠剛館」の館長。関西のボクシング大会ABWのフェザー級王者でもあり、鋭いステップからの攻撃を得意とする。
 昨年6月には『RIZIN.16』にキックボクシングルールで出場し、SB王者・植山征紀に激しい打ち合いを挑むもKO負けしてしまった。しかし昨年11月のDEEP KICKでの、内藤の持つ王座への挑戦者決定戦でKO勝利、リベンジ戦に臨む。

 内藤は1月2日の練習始めの後には、神社へ行き「・全勝・MAXFC(韓国の格闘技イベント)タイトル奪取・前回のリベンジ」と決意を告げに言ったと言う。この再戦を制し、目標へ向かって羽ばたくことは出来るか。

最終更新:1/14(火) 19:16
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事