ここから本文です

桃田が大けが、死亡事故巻き込まれ… バド五輪「金」最有力候補まさかのアクシデント

1/14(火) 7:30配信

デイリースポーツ

 バドミントンの世界ランク1位で、世界王者の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が13日、遠征先のマレーシア・クアラルンプールの高速道路で交通事故に巻き込まれ、顎や眉間、唇に裂傷、全身打撲の怪我を負った。マレーシア人の運転手は死亡。同乗していた日本の強化スタッフ2人、大会関係者1人も負傷した。圧倒的な強さですでに五輪代表入りを確実にしている金メダル最有力候補を、まさかのアクシデントが襲った。

【写真】ベッドの桃田 首相夫人から見舞いを受けるも痛々しい顔面の傷

 日本協会や現地報道によると、現地時間午前5時頃に、桃田らが乗った空港に向かうワゴン車が、高速道路で先を走っていた大型の30トントラックに追突した。衝突の衝撃により、運転席、助手席部分は完全につぶれ、運転手は死亡。2列目に乗車していた桃田と帯同スタッフの森本哲史トレーナー、3列目に座っていた日本代表の平山優コーチ、また後部座席に乗っていた英国人の大会技術スタッフが負傷し、そのまま病院に搬送された。

 桃田は全身打撲に加え、顔面を打ちつけられ、あご、眉間、唇に裂傷を負い、流血。縫合手術を受けた。現地報道では鼻骨骨折、首の骨折など情報がさくそうしているが、日本協会によると現在のところ骨折の診断は出ていないという。森本トレーナーは右前腕骨骨折、脳しんとう、全身打撲、平山コーチは右すね裂傷、歯の損傷、全身打撲の診断を受けた。いずれも意識はあり、桃田も会話や自力歩行はできる状態だという。当面、現地で経過を観察する見込みで、帰国については未定。日本協会は今後はマレーシア協会、世界連盟、日本大使館と連携し情報収集にあたる。

 東京五輪が約半年後に迫る中、19年は世界選手権2連覇やツアーファイナル優勝、さらに今年初戦だったマレーシア・マスターズを幸先よく制し、“金メダル最有力候補”として突き進んでいた男を襲ったアクシデント。負傷の具合とともに、懸念されるのが精神面への影響だ。桃田は2列目に乗車しており、相当な事故の衝撃を受けたとみられる。救出は生存確認された者から行われ、目の前の運転席では運転手が死亡。日本協会関係者は「現状は事故のショック、驚きの方が大きいようですが、亡くなった方がいるので…。精神的なケアの対応も必要になるかと思う」と、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などへの懸念を示した。

最終更新:1/14(火) 7:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ