ここから本文です

AKBの令和出発世代が「総選挙」熱望 2年ぶり復活の実現度

1/14(火) 17:03配信

東スポWeb

「AKB48選抜総選挙」の2年ぶり開催への期待が高まっている。

 AKB48グループの新成人メンバー42人が13日、東京・千代田区の神田明神で、グループ恒例の成人式を行った。NGT48・本間日陽(20)は自らの世代を「令和出発世代」と命名し「令和初の新成人ということで、新しい時代を私たちの世代が切り開いていきたい。先頭を切っていきたい」との決意を明かした。

 昨年はグループ最大のイベントである選抜総選挙が開催されなかった。同イベントはメンバーたちの目標でもあっただけに思いは強い。

 HKT48・田島芽瑠(20)は「昨年は一番、選抜に近い位置にいられた手応えがあった。みんなで『頑張ろう』と言っていたので、なかったことが悔しかった」と吐露。

 今年開催されるかは未定だが、田島は「1年経験しなかった分、プレッシャーとかが2倍になって怖い気持ちもある。でも、総選挙は48グループにとって一つの大きなイベント。また復活した方がいいのかなと思います。ないとやっぱり寂しい」と、復活を希望した。

 関係者は「大所帯グループは世間に個々のメンバー名を覚えてもらうことが大変になる。そういう意味で、総選挙は順位が付くので分かりやすいし、1位になれば大々的にメディアに報じられるので、世間に名前を浸透させることもできた。スター誕生のきっかけにもなってきたイベントですし、総選挙復活を模索する動きもすでにある」と話す。

 何といってもテレビで生中継までされてきたビッグイベントだ。元HKT48・指原莉乃(27)をはじめ、総選挙での躍進をブレークにつなげたメンバーも多い。また、開票イベントが行われた都市は、何十億円もの経済効果があるといわれている。

 2年ぶりに復活することになれば、盛り上がるのは間違いないが、果たして…。

最終更新:1/14(火) 17:06
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事