ここから本文です

<文大統領新年会見>文大統領「チョ・グク氏の苦労、心に大きな負い目…葛藤はもう終わらせてほしい」

1/14(火) 11:28配信

中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、チョ・グク前法務部長官をめぐる論議に関連して「有罪・無罪を問わず)すでにチョ前長官が今まで体験した苦労だけで心に大きな負い目を感じている」と述べた。

文大統領はこの日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)迎賓館で開かれた新年記者会見でチョ前長官に対する考えを尋ねる質問に「チョ前長官の有罪・無罪は裁判を通じて明らかになるだろう」と明らかにした。

また「高位公職者犯罪捜査処法と検警捜査権調整法案の成立に至るまでチョ前長官が民情首席として、法務部長官として果たした寄与はとても大きいと考える」と評価した。

今回の事態をめぐり葛藤が続いていることに対して「チョ前長官の任命で国民間の葛藤と分裂が生じ、今まで続いており(国民に)申し訳ない」としながら「検察改革法案が成立されたのでチョ前長官から手を放し、有罪・無罪は裁判の結果に任せてほしい」と話した。

同時に、文大統領は「(チョ前長官と彼の家族に対する)葛藤はもう終わらせてほしい」と呼びかけた。

最終更新:1/14(火) 11:28
中央日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事