ここから本文です

ゴールデン・グローブ賞 日程未定でも来年のホストはすでに発表

1/14(火) 9:45配信

デイリースポーツ

 エイミー・ポーラーとティナ・フェイが2021年ゴールデン・グローブ賞式典の司会を務めるという。5日に今年の式典が行われたばかりの同賞だが、すでにコメディドラマ「パークス・アンド・レクリエーション」などで知られるエイミーと「サタデー・ナイト・ライブ」の脚本を手掛けたこともあるティナが来年のホストを務めることが発表された。

 今回の発表についてNBCエンターテイメントのポール・テレグディ氏は「NBCは地球上で最も面白い人々の中の2人、ティナ・フェイとエイミー・ポーラーが長年活躍してきた場所です。彼女達が再びゴールデン・グローブ賞のホストを務めるという素晴らしいニュースを早くシェアしたかったのです」と声明を発表しており、またハリウッド外国人映画記者協会のロレンツォ・ソリア会長は「ティナとエイミーのコメディー的ケミストリーは伝染するものです。ゴールデン・グローブ賞のステージにこのダイナミックな2人が戻ってくることが待ちきれません」とつけ加えている。

 今年の式典では、今回で5度目となったリッキー・ジャーヴェイスがホストを務めたが、辛口のジョークを連発したことで、ひんしゅくを買っていた。ジャーヴェイスは大物スター達が一堂した観客席に向かい「僕がこの式典を務めるのは今回が最後ってことで喜んでもらえるんじゃないかな。だから、もうどうでもいいんだ。冗談だよ。大切に思っていたことはこれまで一度もなかった。冗談さ。そんなこと一度もないよ」「NBCだって、そうだろ。5度目だよ。ケヴィン・ハートは、不快なツイッター投稿でアカデミー賞からクビとなった。なんて僕はラッキーなんだ。ハリウッド外国人映画記者協会は、英語もままならないから、ツイッターが何かって知らないんだよ。だからこの仕事のオファーはファクスで来たんだ。盛大な最後を飾りたいね。君たちを笑いものにしてさ。これがただの冗談だってことを忘れないでくれよ。僕達は皆もうすぐ死んじゃうんだし、続編もない。だからそれを忘れないように」とジョークを飛ばしていた。

 2021年の式典日程は現在未定となっている。(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:1/14(火) 9:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事