ここから本文です

vivitek、ホームシアターにも向くWXGA投写対応のエントリーDLPプロジェクター

1/14(火) 13:12配信

ITmedia PC USER

 加賀マイクロソリューションは1月14日、vivitek製のWXGA対応DLPプロジェクター「DW265」の取り扱いを発表、1月17日に発売する。価格はオープン。

【写真】背面の端子類

 1280×800ピクセルでの投写に対応したDLPプロジェクター。水銀ランプ光源を採用しており、明るさ3500lm(ルーメン)、輝度1万5000:1を実現した。ランプ寿命は通常モード時で最長5000時間、“ダイナミックエコモード”利用時で最長1万時間の長寿命を可能としている。

 映像入力はHDMI×2、アナログD-Sub、Sビデオ/コンポジットビデオなどを装備。出力2Wのスピーカーも内蔵している。本体サイズは332(幅)×243.6(奥行き)×107(高さ)mm、重量は2.6kg。

ITmedia PC USER

最終更新:1/14(火) 13:12
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事