ここから本文です

若者の貧困・格差・つながり描く群像劇、TOKYO笹塚ボーイズ「朝の気配」

1/14(火) 15:12配信

ステージナタリー

TOKYO笹塚ボーイズ「朝の気配」が、2月5日から9日まで東京・花まる学習会王子小劇場で上演される。

【写真】TOKYO笹塚ボーイズ「朝の気配」チラシ裏(メディアギャラリー他1件)

昨年3月に初演された「朝の気配」は、TOKYO笹塚ボーイズ主宰の川上一輝が作・演出を手がける群像劇。劇中では、東京の片隅に暮らす若者の貧困や格差、偏見、そしてつながりが、16人の男女の人間ドラマとして描かれる。主人公の山田卓也は、会社が倒産したため、日雇い労働で生計を立てていた。大学受験を控える妹のために一生懸命働くが……。

本作には、木下卓也、高山璃子、鐘ヶ江佳太、久保早里奈、コーシロー、本田和大、松平和音、権田紗恵子、梅崎信一、中野克馬、浜田彩加、杉田のどか、亜蘭、はぎわらりな、阿久津京介に加え、山崎千尋、江芳宇がWキャストで出演する。

■ TOKYO笹塚ボーイズ「朝の気配」
2020年2月5日(水)~9日(日)
東京都 花まる学習会王子小劇場

作・演出:川上一輝
出演:木下卓也、高山璃子、鐘ヶ江佳太、久保早里奈、コーシロー、本田和大、山崎千尋(Wキャスト)、江芳宇(Wキャスト)、松平和音、権田紗恵子、梅崎信一、中野克馬、浜田彩加、杉田のどか、亜蘭、はぎわらりな、阿久津京介

※山崎千尋と梅崎信一の「高」ははしご高が正式表記。

最終更新:1/14(火) 15:12
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事