ここから本文です

大分合同新聞、夕刊を休刊へ 4月から朝刊に統合

1/14(火) 10:55配信

共同通信

 大分合同新聞社(大分市)は14日付朝刊に社告を掲載し、4月1日から朝刊と夕刊を統合すると発表した。夕刊は3月31日付を最後に休刊となり、4月以降は休刊日を除いて毎朝1回配達する。購読料は、従来の朝夕刊1回配達の月額3093円と2回配達の月額3565円を一本化し、月額3500円とする。

 社告は、人件費や原材料の上昇に加え、人手不足で配達員の確保も難しくなってきたと説明。「読者のライフスタイルに合わせながら、新聞の発行・配達を安定的に維持していくため、新しい大分合同新聞を発行することにした」としている。

 大分合同新聞の発行部数は朝夕刊セットで約19万部。

最終更新:1/14(火) 11:08
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ