ここから本文です

Windows 7、きょうサポート終了 いまだに1400万台のPCが稼働中

1/14(火) 14:12配信

ITmedia NEWS

 米Microsoftは1月14日(日本時間)、「Windows 7」のサポートを終了し、セキュリティ更新プログラムの提供など全てのサービスの提供を終える。サポート終了後はサイバー攻撃やウイルス感染などのリスクが高まるため、同社はWindows 10への移行を勧めているが、日本マイクロソフトによると国内ではいまだに約1400万台のWindows 7搭載PCが稼働していると推測されるという。

【画像】約1400万台のWindows 7搭載PCが今も稼働

 Windows 7は2009年10月に発売。15年1月には無償サポートや新機能リクエストの受付を行うメインストリームサポートが終了し、延長サポート期間となっていた。15日以降にWindows 7搭載のPCを起動すると、「お使いの Windows 7 PC はサポート対象外になっています」という全画面通知が表示されるようになる。

 日本マイクロソフトによると、20年1月の時点で、国内で稼働しているWindows 7搭載PCは法人で753万台、一般家庭で638万台だと推測されるという。米MicrosoftはWindows 10への移行が間に合わない法人に向け、23年1月までセキュリティ更新プログラムを提供するサービス「Windows 7 Extended Security Update」を提供している。

ITmedia NEWS

最終更新:1/14(火) 14:12
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事