ここから本文です

娘を失った母親が暴走、ノオミ・ラパス主演サイコスリラー「アンストッパブル」公開

1/14(火) 17:00配信

映画ナタリー

「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが出演した「アンストッパブル」が、2月7日に公開される。

【動画】2/7(金)公開『アンストッパブル』予告編(メディアギャラリー他4件)

本作は、「ビューティフル・ボーイ」「LION/ライオン ~25年目のただいま~」のルーク・デイヴィスが脚本を手がけたサイコスリラー。精神的に不安定な女性・リジーが、7年前に事故で亡くしたはずの娘を見つけたと思い込み、裕福な一家に巧妙にすり寄っていくさまを描く。リジーにラパス、リジーの元夫に「ホビット」シリーズのルーク・エヴァンスが扮し、「ザ・プレデター」のイヴォンヌ・ストラホフスキーも出演。「虹蛇と眠る女」のキム・ファラントが監督を務めた。

このたびYouTubeで予告編も公開。映像では、リジーが息子の友達の誕生日パーティで、亡くした娘にそっくりな少女ローラと出会う。それ以降、リジーはローラに近付き、ローラの母親に「あの子は私の娘よ」「私を止めたいなら殺して!」と迫る。

「アンストッパブル」は東京・新宿シネマカリテほかで公開。

※「アンストッパブル」はR15+指定作品

最終更新:1/14(火) 17:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ