ここから本文です

韓国プロバスケットボール連盟、“不誠実な試合”KGC監督に1000万ウォンの制裁金

1/14(火) 17:01配信

WoW!Korea

不誠実な試合で物議をかもした安養KGCのキム・スンギ 監督が懲戒処分を受けた。

 韓国プロバスケットボール連盟(KBL)は14日、ソウル・江南区KBLセンターで裁定委員会を開き、キム・スンギ監督の不誠実な試合運営と、審判に不適切な言動をしたことに対して、1試合の出場停止と制裁金1000万ウォン(約95万円)を科した。またKGCにも警告措置を決定した。

 キム監督は去る11日、安養室内体育館で開かれた昌原LGと延長戦で、試合終了まで1分40秒を残し、攻撃を試みないなど不誠実な試合を行った。結局、KGCは78-89で敗れた。

 またキム監督は試合終了後、審判控室前で審判に不適切な言動で抗議したことがわかった。

最終更新:1/14(火) 17:01
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事