ここから本文です

マネーフォワードがSaaSビジネスのKPIを開示 19年11月決算

1/14(火) 19:45配信

ITmedia ビジネスオンライン

 マネーフォワードは1月14日、2019年11月期の決算を発表した。売上高は前年比56%増の71億6000万円、営業利益は昨期から14億5000万円悪化し24億4600万円の赤字だった。2年後の21年11月期にEBITDAベースでの黒字化を目指す方針で、そこまでは投資を進め売上の拡大に注力する。

法人向け事業「Money Forward Business」のKPI

 20年11月期も、売上高見通しは55〜60%成長の111〜115億円、EBITDAベースの赤字幅は19年の22億6000万円の赤字に対して、19〜28億円の赤字を想定する。

SaaSビジネスのKPIを開示

 同社の事業の主力は、売り上げの約6割を占める法人向けSaaS事業だ。今回、この事業のKPIを開示した。

【訂正:1月15日20時40分。初出で、法人向けSaaS事業が売り上げの76%と記載していましたが、これはMoney Forward X/Financeも含むB2B売上高全体の数字でした。法人向けSaaS事業の売上高比率は、正しくは約6割となります。お詫びし訂正いたします。】

 SaaSビジネスでは、顧客ごとに業績を分析するユニットエコノミスクを利用する。いったんユーザーを獲得すれば継続的に売り上げが生まれるSaaSモデルの特性から、企業全体の期間損益よりも、顧客あたりの、獲得費用、売上高(ARPA)、解約率(チャーンレート)によって、事業を評価する仕組みだ。

 マネーフォワードの法人向け事業の各KPIは、ARPAが5万9248円、解約率が1.2%(新プラン導入による影響を加味したものは1.8%)だった。また、新規顧客獲得費用に対する売上高の増加を表すセールス効率性は1.6倍だった。

 ARPAはこれまで15年11月期の3万円から緩やかに上昇してきたが、新プランの導入によって5万9200円へと大幅に増加した。「ARPAが上がっていく要素はまだある。ラインアップの拡充、ユーザー数課金のサービスは、顧客の企業規模が大きくなるにつれて金額が上がる。またSaaSプラットフォーム事業の開始。この3点がARPAが伸びる要素」だと、辻庸介社長は説明した。

 SaaS型ビジネスによって生まれるストック型収入は、第4四半期時点で前年同期比64%増となった。また、同一の課金顧客からのストック型収入が、前期末に比べてどう変化したかを表すネットレベニューリテンション(売上継続率)は129%と増加した。

 「ネットレベニューリテンションは、既存の顧客の売上がどれだけ伸びたかを示す。単価(ARPA)が上がってきた場合は売上継続率はプラスに働く。アップセル、クロスセルによってお客さんに複数のサービスを使ってもらい、ARPAが向上した。そして解約率が低いと売上継続率が高くなる」(辻氏)

 SaaS業界では、19年末に競合となるfreeeが上場した。「SaaSの会社が上場しているので認知度も上がり、業界全体としてはプラス。Fintech業界もなかなか上場が出てこなかったが、freee上場で業界全体が盛り上がる」と辻社長は話した。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:1/15(水) 20:47
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ