ここから本文です

ダウン症の青年が映画スターに、デビュー作で見せた才能にシャイア・ラブーフ驚嘆

1/14(火) 19:01配信

映画ナタリー

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」より、主人公ザックを演じたザック・ゴッツァーゲンに焦点を当てた特別映像がYouTubeで解禁された。

【動画】「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」特別映像(ザックの物語)(メディアギャラリー他8件)

養護施設で育ったダウン症の青年ザックが、憧れのプロレスラーになるため、施設を脱走するさまを描いた本作。彼は孤独な漁師タイラーと出会い、アメリカ南部を巡る人生で一度きりの特別な旅に出る。タイラー役でシャイア・ラブーフ、ザックを追ってきた看護師エレノア役でダコタ・ジョンソンが出演。タイラー・ニルソンとマイケル・シュワルツが監督・脚本を兼任した。

ニルソンとシュワルツと障害者向けのキャンプで出会い、「映画スターになりたい」と話したことをきっかけに映画デビューが決まったゴッツァーゲン。脚本にはレスリングや水泳など、ゴッツァーゲンが実際に好きなものが取り入れられているという。映像には、彼らがゴッツァーゲンの演技力を証明するために撮ったフッテージも収められている。これをラブーフやジョンソンの関係者に送ったところ、好反応を得られ、本格的に映画の製作がスタートした。

ラブーフは「この現場には特別な雰囲気がある。まるで大家族だ。はぐれ者たちの家族さ」と述懐。また「ザックは本当に懐が深いんだ。いい俳優になるには心を開かなきゃならない。それが不可欠だ。ザックには常に心を開ける才能がある」とゴッツァーゲンを称賛した。映像ではジョン・ホークス、ブルース・ダーン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、イェラウルフもインタビューに応じている。

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」は、2月7日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。



(c)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

最終更新:1/14(火) 19:01
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ