ここから本文です

リビア停戦で合意せず 軍事組織が調印拒否

1/14(火) 18:27配信

時事通信

 【モスクワ時事】タス通信によると、ロシア外務省当局者は14日、モスクワで13日に開かれたリビア内戦の停戦に関する協議に参加した軍事組織「リビア国民軍(LNA)」のハフタル将軍が停戦合意に調印せず、モスクワを離れたことを明らかにした。

 
 協議はロシアとトルコの仲介で開かれ、トルコが後押しするリビア暫定政権のシラージュ首相は停戦合意に調印したが、ロシアの支援を受けるハフタル氏は「14日朝(日本時間同日昼)までの猶予」を求め、調印を留保していた。ハフタル氏の調印拒否により今後の見通しは不透明となった。 

最終更新:1/15(水) 14:04
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ