ここから本文です

静岡県知事「やくざ」「ごろつき」発言で自民会派に謝罪申し入れ 

1/14(火) 16:07配信

産経新聞

 静岡県議らとの面談の場で川勝平太知事が「やくざ」「ごろつき」などと暴言を吐いた問題で、川勝知事は14日の定例会見で、県議会と自民改革会議に謝罪を申し入れたことを明らかにした。10日に鈴木利幸議長あてに申し入れたところ、自民改革会議にも謝罪するよう促され、同会派にも同様の申し入れを行った。14日の時点で県議会や同会派からの返答はないとという。

 川勝知事は昨年12月19日に各会派から予算要望を受けた際、県が推進する「文化力の拠点」構想に反対する県議らについて触れた中で「やくざもいる。ごろつきがいる」などと発言していた。

 その約1週間後には川勝知事自ら釈明会見を開き、「怒りにまかせて極めて不適切なことを言った」と一連の発言を謝罪したものの、撤回はしなかった。こうした川勝知事の姿勢に自民会派は態度を硬化させ、「文化力の拠点」に関わる予算審議に応じない意向を示している。

最終更新:1/14(火) 16:07
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事