ここから本文です

藤山直美、前川清の無理難題に「ボケてんのは10年前からやん!」

1/14(火) 18:08配信

サンケイスポーツ

 歌手の前川清(71)と女優の藤山直美(61)が14日、大阪・千日前の法善寺で大阪新歌舞伎座の開場10周年記念企画「前川清 藤山直美」(3月1~28日)の成功祈願を行った。

 2017年3月に乳がんの摘出手術を受け、4月の同劇場公演「おもろい女」を降板している直美。復帰後、初めて新歌舞伎座の舞台に立つことになり、「前川さんにお声がけいただいてうれしい。みんなで楽しく、心が動くお芝居にしたい」と意気込む。

 第一部「恋の法善寺横町」は、法善寺の小料理屋「誠志郎」を舞台に、父の遺志を継いで店を切り盛りする女将(藤山)と板前(前川)の恋模様を描く人情物語。

 「藤山さんのおかげでセリフが短くなって、うれしく感じております」とニヤリの前川に、直美が舞台裏を明かした。

 「前川さんは『3行以上はしゃべれない』『役を作ることができない』『1メートル四方は動けるけど、ほとんど動けない』『ちょっとボケてきた』という。ボケてんのは10年前からやん!」

 前川の無理難題をドンと受け入れた上で「今年の目標は前川清をいかに動かすか」とお返しのニヤリ。これから始まる稽古を前に前川は、「直美さんは私に放心状態だと思うけど、直美さん頼みの私の方が放心状態」と戦々恐々だった。

 成功祈願には共演の俳優、田村亮(73)、女優の野村真美(55)、吉本新喜劇の池乃めだか(76)も参加した。

最終更新:1/14(火) 19:38
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ