ここから本文です

トヨタ シエンタに特別モデル登場|安全・快適装備が充実、室内空間もシックな仕上がり

1/14(火) 11:01配信

MOTA

トヨタは、シエンタに特別仕様車「G “Safety Edition”」、「FUNBASE G “Safety Edition”」を設定し、2020年1月7日から発売した。価格は211万5300円~252万2300円(消費税込み)。

>>安心・安全を高める装備が充実した特別仕様車の画像はコチラ

トヨタ シエンタ 特別モデルの主な特徴

■安全・快適装備で乗り心地を向上
今回の特別仕様車は、「G」、「FUNBASE G」をベースに、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いや、アクセルの踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ/静止物)と、目視しにくい周囲の安全確認をサポートするパノラミックビュー対応ナビレディパッケージを特別装備。より安全と安心を得られる装備を充実させた。

また、快適装備のスーパーUVカット&シートヒーターパッケージも採用したことで、特に、主婦層を中心とする女性ドライバーにうれしい装備内容となっている。

■ブラックのインパネで大人っぽい室内に
内装においては、ベース車ではアクセントカラーがオレンジのインストルメントパネルを全てブラックとし、落ち着いたシックな室内空間を演出。

また、ボディカラーには、ホワイトパールクリスタルシャインを含む全4色を設定した。

主なスペックと価格

■FUNBASE G “Safety Edition”(ガソリン)
・エンジン:2NR-FKE(1.5L)
・トランスミッション:Super CVT-i
・駆動:FF
・価格:211万5300円

■FUNBASE G “Safety Edition”(ハイブリッド)
・エンジン・トランスミッション:リダクション機構付のTHSII 1NZ-FXE(1.5L)
・駆動:FF
・価格:248万1600円

■G “Safety Edition”(ガソリン)
・エンジン:2NR-FKE(1.5L)
・トランスミッション:Super CVT-i
・駆動:FF
・価格:215万6000円

■G “Safety Edition”(ハイブリッド)
・エンジン・トランスミッション:リダクション機構付のTHSII 1NZ-FXE(1.5L)
・駆動:FF
・価格:230万100円

■G “Safety Edition”(ハイブリッド・4WDモデル)
・エンジン・トランスミッション:リダクション機構付のTHSII 1NZ-FXE(1.5L)
・駆動:4WD
・価格:252万2300円

※価格はいずれも消費税込み

MOTA編集部

最終更新:1/14(火) 11:01
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事