ここから本文です

ドラゴンズ与田剛監督が語る、投手王国復活とリーグ最高打率の活かし方

1/14(火) 16:50配信

CBCテレビ

「とある妄想しがちなファンのドラゴンズ見聞録」
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム

今週のサンドラでは、各地で自主トレを行う選手の声や与田監督の構想を余すところなく特集。与田監督の中にある具体的なチームの輪郭が浮き上がる言葉もあり、キャンプまで1ヶ月を切って間も無くファンもそわそわする時期を迎えることになるんだなと感じる。新しい希望に胸を膨らませたり、辛い敗北に悔しい思いを募らせたり、ドラゴンズの傍らで一喜一憂できる夢のような時間がはじまっていく。そんな情緒を深めるためにも重要となる盛り沢山な情報を振り返っていく。

ベテランピッチャー山井大介投手の覚悟

今年もトレーニングに積極的に取り込む山井大介投手。生中継で与田監督とのやり取りの中でベテランとして、戦力として期待していると投げかけられると表情を引き締めて来季に向けての思いを述べた。

「自分の思っていた数字とかけ離れていた数字しか残っていなかったので、今年は倍以上やりたいという気持ちもあるし、闘争心出してしっかりと勝負していきたいと思っています。」

42歳の今シーズンにかける意気込みについてこう答えた。

「そんなに先のことを考えずに自分のできることをやって優勝したい。」

チームの為に全力で戦えるベテランがいることは心強い。ワールドウイング(鳥取)でのトレーニングもフォームや球種など新たな挑戦をしているそうで、衰え知らずなその気持ちを全力で発揮できるような舞台を若手も一丸となって作り上げて欲しい。

来季に向けテーマを掲げた自主トレ

大島洋平選手
昨年まではパワーアップ、今年はそれに加え、体の重心や軸の位置も意識し、バランスも改善。ベテランはしっかり自己分析をして更なる高みを目指す。

「自分の体が今どうなってるかを感じ取れるようになってきた。200安打、首位打者は目標にしている。盗塁王も可能性はあると思うので目標にしてやっていきたい。」

1/5ページ

最終更新:1/17(金) 15:18
CBCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ