ここから本文です

「カップ焼きそば」ちょい足しアレンジ…やみつき味変が続々!濃厚追いソース派、納豆派も!

1/14(火) 11:10配信

kufura

新年を迎え、慌ただしかった毎日にひと区切りついた頃。年の瀬やお正月にたくさんご馳走を食べた反動なのか、無性に“カップ焼きそばが食べたい!”と思ったこと、ありませんか? そこで、『kufura』では男女415人に「カップ焼きそばが美味しくなるちょい足しアレンジ」を尋ねました。

ど定番のマヨネーズが圧倒的人気!プラスαでより美味しく

「マヨネーズ。まろやかな風味になる」(男性/33歳/会社経営・役員)

「マヨネーズとからし。酸味と辛みがいい感じ」(男性/45歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「マヨネーズとニンニク!スパイシーで食欲モリモリ!」(男性/53歳/金融関係)

「マヨネーズとラー油。味にコクと辛みが加わってやみつきです」(男性/60歳/金融関係)

「マヨネーズと七味を加えると、コクが深くなる」(男性/50歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「からしマヨネーズと粉カツオ。マヨネーズの酸味、からしの風味、粉カツオの香りが食欲を増します」(女性/59歳/主婦)

アンケートに協力してくれた415人中、マヨネーズと答えた人は135人と圧倒的な支持を得ました。理由は「マヨネーズが麺と絡み、パサパサ感が消えて美味しくなる」(男性/37歳/営業・販売)、「旨味が増す」(女性/29歳/その他)、「味が変わって飽きない」(女性/29歳/総務・人事・事務)、「クリーミーな味になる」(男性/47歳/その他)などさまざま。お好みでからしやラー油、ニンニクなどをプラスすれば、バリエーションが広がりますね。

わさびやタバスコなど、ピリ辛調味料がアクセントに

「からしを加えると、大人の味になる」(女性/37歳/主婦)

「わさび。ピリッとして美味しくなる」(男性/47歳/その他)

「一味唐辛子の辛味で食欲が増す」(男性/31歳/その他)

「七味唐辛子。ほどよく辛くなり、食欲が増す」(男性/30歳/公務員)

「カレーパウダーで、ほんのりカレー風味の焼きそばに」(女性/49歳/学生・フリーター)

「タバスコを入れるとパンチが出る」(女性/24歳/営業・販売)

「食べるラー油。風味と辛味が入って美味しくなる」(男性/29歳/その他)

「山椒。ピリッとする」(男性/37歳/会社経営・役員)

「柚子胡椒。パンチが出る」(男性/59歳/企画・マーケティング)

「ブラックペッパーを適量入れると、ピリッとくる辛さがソースの味を引き立てる」(男性/69歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「酢と黒胡椒。さっぱりして風味がさわやか」(男性/42歳/その他)

「マジックソルトで味に深みが加わる」(男性/25歳/学生・フリーター)

「クレージーソルトの塩辛さがビールに合う」(男性/55歳/その他)

「コチジャン。味に深みが出る」(男性/77歳/その他)

定番のからしはもとより、わさび、山椒、タバスコ、ブラックペッパーといった辛み調味料を加えれば、パンチがきいた大人の味わいに。ビールがすすむことうけあいです。

1/5ページ

最終更新:1/14(火) 12:35
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事