ここから本文です

FCバルセロナがエルネスト・バルベルデの契約終了を発表

1/14(火) 13:03配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 月曜日15時に始まった取締役会は4時間に及んだ。そして会議のあと、FCバルセロナはエルネスト・バルベルデとの契約終了と同時に、2022年までの契約でキケ・セティエンが新監督に就任することを発表した。

スアレス「監督は責められるべきではない」

「エルネスト・バルベルデが常に示してきたプロフェッショナリズム、コミットメント、検診さ、前向きな姿勢に感謝すると共に、彼の今後の成功を願っています」バルサはそのような声明を出している。

 前述の取締役会が行われるまえ、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、バルベルデとミーティングを行った。今後についての会議があることを事前に伝えるという名目だが、バルベルデ本人はそれが形式だけのものであり、自分が解任されることはすでに理解していたという。実際、代理人のイニャキ・イバニェスは手続きのため早くからバルセロナ入りしていた。

 2017年の夏に始まったバルベルデのステージは、リーガ2回、コパ・デル・レイ1回、スーペルコパ1回の合計4タイトルをクラブにもたらして終わった。145試合のうち97試合に勝利して32試合が引き分け。89%の試合を無敗で終えた計算になる。

 今シーズン開幕後からその試合結果や内容が批判されていたバルベルデだが、ホームでのレアル・マドリード戦で試合を支配されたことや、コルネジャ(エスパニョール戦)で最下位チームに引き分け、スーペル・コパのアトレティコ戦に敗れたことが決定的になった。

執筆者:Gabriel Sans

最終更新:1/14(火) 13:06
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事