ここから本文です

東京デーバー販売、1月の異形棒鋼販売で価格重視の対応徹底

1/14(火) 6:02配信

鉄鋼新聞

 東京鉄鋼と伊藤製鉄所の関東地区における小棒共同販売会社、東京デーバー販売(本社・東京都千代田区)は、1月の異形棒鋼販売価格について価格重視の対応を継続するとした。
 諸資材や輸送費、労務費などコスト環境は厳しさが継続している。また、主原料である鉄スクラップ価格も上昇がみられるなど、メーカーを取り巻く環境は依然として不安定で、収益環境は安心できる状況ではない。
 今年は、首都圏を中心とする大型再開発物件が数多く控えている。高品質な製品を安定的に供給するために価格重視の対応を徹底し、もう一段階上の価格実現を目指すとしている。

最終更新:1/14(火) 6:02
鉄鋼新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事