ここから本文です

蒼井優「結婚は車線変更」に、高橋一生うなる「すごくいい言葉。車線変更したい」

1/14(火) 8:20配信

ENCOUNT

映画「ロマンスドール」公開直前スペシャルトークイベント

 俳優の高橋一生と女優の蒼井優が13日、都内で行われた映画「ロマンスドール」(タナダユキ監督、1月24日公開)のスペシャルトークイベントに登場した。

【写真】ドキドキ、2人だけでイベント進行。抽選箱から質問を引く高橋一生とニコニコ見守る蒼井優

 ラブドール職人の主人公・哲雄を演じた高橋と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻・園子を演じた蒼井はこの日、MCを立てずに2人だけでイベントを進行。抽選箱に入れられた客からの質問に2人が答えていった。

 昨年、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太と結婚したばかりの蒼井は、結婚について聞かれ「私は(結婚を)しないものだと思っていた。でも、うっかり、ひょっと(結婚した)」と告白。「私は結婚というよりも家族になるという感覚だったから、添い遂げるのが当たり前」と話した上で「(結婚は)なんか車線変更という感じ。大きく道が変わるとかでもない」と明かした。これに対し、高橋は「おぅ、すごくいい言葉。車線変更したい」と応じていた。

 また、「映画に出演して結婚に対する意識が変わりましたか」との質問に、高橋は「結婚できるかな、という恐怖はありますよ。このくらいの年になると。孤独ですよ…」とカミングアウト。客席がシーンとなると、「あっ、全然笑ってくれない、切実だったのかな。結婚に対してイメージしているものが少ない」と語った。

 続けて、蒼井から「ほぼ家から出ない。ずっと家の中で自転車をこいでいる」と暴露された高橋は「それを見守っている奥さんを想像できますか」と逆質問。蒼井から「私はそれ(自転車)を捨てたほうがいいと思います」と切り返され、苦笑いしていた。

 一方、「旦那さんに、もし、隠し事をされたら、知らないふりをするか、問い詰めるか」と質問された蒼井は「いやあ、気付いた自分をアピールしたい。基本的に鈍感だから、気付けたことに嬉しくなっちゃいそう」と笑顔で話していた。

ENCOUNT編集部

最終更新:1/14(火) 8:20
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ