ここから本文です

久保建英のマジョルカ、前半戦を総括

1/14(火) 17:51配信

J SPORTS

久保建英所属のマジョルカは前半戦を終えて4勝3分12敗の18位。久保はリーグ前半最終のグラナダ戦で8戦連続となる先発を果たすも、0-1の敗戦。久保自身はたびたびチャンスを作り出すも、味方が決めきれず。それでもフル出場を果たしている。グラナダもマジョルカと同じく昨シーズンにセグンダA(実質2部)から昇格を果たしたチーム、今シーズンは前半戦終了時点で10位と結果を出している。他の昇格組オサスナも12位と悪くない。

ビセンテ・モレーノ監督はグラナダ戦後の会見で、「敗戦は自分たち自身の問題でもあるし、相手が勝っていたり、自分たちに非がないこともある。でもまずは自分たちのプレーに確実性がなく、その時々によって悪いときがあったり、通常相手と差がある」と分析する。

マジョルカは18-19シーズンにセグンダBからセグンダAに昇格し、さらに今シーズン、プリメーラに昇格を果たしている。一年ごとにカテゴリーを上がってきた数少ないチームである。そもそも、97-98シーズンから12-13シーズンまでプリメーラにいたチームで、むしろセグンダBまで落ちたことが不思議であるといっても過言ではない。現・浦和レッズ鈴木大輔が所属していたジムナスティック・タラゴナを率いてきた同監督は「自分たちの立ち位置、どこから来ているか、自分たちのレベルはわかっている」と、その発言は経験豊富な知識に裏付けされている。さらに「今、自分たちが戦っているところは最も難しいカテゴリーだ。12人の選手はセグンダB(実質3部)、他の多くの選手はセグンダAからそのまま上がってきている」とチームの既存戦力を語る。

主力として活躍しているセグンダBからの選手は守護神マノーロ・レイナ、センターバックのライージョ、サイドバックのフラン・ガメス、同じくサストレ、MFサルバ・セビージャ、サイドアタッカーのラゴ・ジュニオールといったところか。ベティスやエスパニョールでもプレーしていたサルバ・セビージャは17-18シーズンから加入し、昇格の原動力となってきた。このようなチームに初のプリメーラを戦う久保は移籍してきている。マジョルカは冬の移籍市場での選手補強の噂もあるが、監督は「でもよくやっているじゃないか。状況は厳しい、でも最後は特別賞を取れるように頑張るよ」と最後まで戦うことを誓った。

J SPORTS 編集部

最終更新:1/14(火) 17:51
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ