ここから本文です

山形大学職員が横領・学友会費や後援会費など約530万円 ギャンブルに使う・14日付けで懲戒解雇

1/14(火) 20:10配信

さくらんぼテレビ

山形大学米沢キャンパスの男性職員が、大学の学友会費など530万円あまりを横領していたことが分かり、14日付けで懲戒解雇された。

懲戒解雇されたのは、山形大学米沢キャンパス事務部の副課長の男性職員(53)。

大学によると、男性職員は2015年10月から去年5月にかけて、33回にわたって自分が管理していた工学部の学友会費207万円と後援会費330万円の計537万円を横領した。

去年7月、男性職員から業務を引き継いだ職員が、学友会費の口座から払いだされた金額と管理用の口座に入金された金額に差があることに気づき、横領が発覚した。

手口は、パソコンやプリンタを購入したように見せかけたり、課外活動行事の経費を水増したりと多岐に及んでいた。男性職員は着服した金をギャンブルなどに使っていたという。

大学は、14日付けでこの男性職員を懲戒解雇し、今後警察に刑事告発する方針。

最終更新:1/14(火) 20:15
さくらんぼテレビ

あなたにおすすめの記事