ここから本文です

「冷暖房服」岡山の高校生が開発 6年がかり、装置×シャツで実現

1/14(火) 16:41配信

山陽新聞デジタル

 猛暑や厳寒期でも屋外で快適に過ごせるよう、携帯型冷温水発生装置とシャツを組み合わせた「冷暖房服」を、水島工業高(岡山県倉敷市西阿知町)工業化学科が開発した。2014年度に研究に着手し、歴代の3年生チームがバトンをつないで6年がかりで完成させた“知恵の結晶”だ。

 冷暖房服は、電流の向きによって冷却、加熱が制御できる半導体「ペルチェ素子」を活用。素子を組み込んだ装置(高さ20センチ、幅・奥行き各13センチ、重さ2キロ)で冷温水を作り、シャツの裏面に装着したチューブとつないで循環させる。夏(外気温想定35度)は18度、冬(同5度)は40度となり、バッテリーは3、4時間持続できる。

 開発の発端となったのは、20年東京五輪・パラリンピック。開催地決定を受け「夏季だけでなく、冬季五輪も合わせて心地よく観戦できる服を作ろう」と、プロジェクトが立ち上がった。

 短時間で冷却・加温できるようペルチェ素子の最適な数や配置を探って実験を繰り返し、装置を持ち運び可能な大きさに抑えるために素材を工夫するなど小型・軽量化に挑んだ。本年度は生徒6人が引き継ぎ、緻密な作業が必要な回路の作成を重ねるなどして10月に完成させた。

 12月中旬に校内で披露され、生徒が冷暖房服を着用して機能を説明した。実用レベルまでの小型・軽量化やモーターの駆動音に課題を残したものの、バッテリーを提供したアロイ工業(真庭市)の下井谷良信会長は「知恵とやる気の集積。ペルチェ素子は将来性があり、商品化も期待できる」と評価した。

 ペルチェ素子を使った衣類は、化学繊維大手のクラレが冷温兼用ジャケットを東京の企業と共同開発。同高も商品化を目指す企業には研究データを提供したいとしている。

 開発メンバーの井上翔斗さん(18)は「先輩がつないできた研究を自分たちの代で完成させることができた。関心がある企業の手で改良、実用化されればうれしい」と話している。

最終更新:1/14(火) 16:41
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事