ここから本文です

「政府の嘘」にイランで反政府デモ再燃、五輪メダリストの亡命も

1/14(火) 18:09配信

BuzzFeed Japan

イランで反政府デモが再燃している。きっかけは首都テヘランで起きたウクライナ航空機に対するミサイル誤射事件だ。この誤射で乗員乗客176人が全員死亡し、うち82人はイラン人、つまり自国民だった。イラン政府が当初、誤射を認めず、「航空機は技術的な問題で墜落した」という立場を取ったことに対し、「政府がウソをついて国民の死を隠蔽した」という批判が高まっているのだ。【BuzzFeed Japan/貫洞 欣寛】

イランがウクライナ機の誤射を認めたのは事故から3日後の1月11日。イランが導入しているロシア製対空ミサイルの破片などが現場で見つかったことや、米軍のミサイル発射監視網からの情報などから、もはやこれ以上の隠蔽は不可能と判断したとみられる。

デモが始まったのは1月11日。テヘランの大学前で開かれた犠牲者の追悼集会が、そのまま反政府デモに発展した。政府の対応だけでなく、最高指導者ハメネイ師を批判する声も上がったという。デモは3日連続で発生し、警官隊がデモ参加者らに実弾を発砲したとの情報もある。イラン政府は発砲を否定している。

さらに、2016年のリオ五輪でテコンドー(女子57キロ級)で銅メダルを獲得したキミヤ・アリザデ選手が1月11日、インスタグラムで亡命する意向を表明した。滞在先のオランダに留まるとみられている。

「私は英雄ではなく、抑圧された女性の一人だ。私は体制の道具に過ぎなかった」などと書き込み、女性の権利を抑圧するイランの体制を批判した。

イランが英国の大使を一時拘束

デモを巡り、外交面でのつばぜり合いも起きた。イラン治安当局は、大学前の追悼集会に参列していた英国のマケリー・駐イラン大使を一時拘束した。現場の治安当局者が、大使がデモを煽ったという見方をしたとみられる。

英国政府は「大使は追悼集会の参列者が反政府スローガンを叫び始める前にその場を離れた」として「外交官の拘束は国際法違反」と批判した。

これにイランの国営メディアが「学生団体が英国外交団の追放を求める」「議員団も英国外交団の追放を求める」といった記事を相次いで配信し、相互の非難合戦となっている。

1/3ページ

最終更新:1/14(火) 18:09
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ