ここから本文です

「振り払おうとした時に触ってしまったかも」 教え子の太ももつかむ 暴行容疑で教員逮捕

1/14(火) 21:10配信

千葉日報オンライン

 教え子の女子生徒2人の太ももを触ったとして、旭署は14日、暴行の疑いで旭市の県立旭農業高校の教員、今村哲大容疑者(44)=東金市日吉台6、停職中=を逮捕した。今後の捜査に支障が出るとして認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年10月7日午前9時~同50分ごろ、同校の教室で、座った椅子の背面をいずれも1年生で当時15歳の女子生徒2人が通過した際、後ろに手を伸ばして太ももをつかむ暴行を加えた疑い。

 同署によると、当時は数学の授業中だった。昨年10月中旬に女子生徒や保護者から相談が寄せられ、捜査を進めていた。

 今村容疑者は昨年11月、女子生徒5人に対するセクハラで停職6カ月の懲戒処分を受けている。当時の聴き取りに「人懐こく近寄ってくるのを振り払おうとした時に触ってしまったかも」などと説明していた。

 県教委の浅尾智康教職員課長は「職員が逮捕されたことは大変遺憾。事実関係を確認した上で再発防止に全力を尽くしたい」とコメントした。

最終更新:1/15(水) 10:42
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事