ここから本文です

長友佑都、やはりボローニャ移籍へ…移籍金2億円で大筋合意か

1/14(火) 14:54配信

GOAL

2年ぶりのセリエA復帰か

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、やはりセリエAに復帰することとなりそうだ。トルコ『Fanatic』が伝えた。

長友は2018年1月からガラタサライに所属。昨季はリーグ優勝を経験し、今季はガラタサライでチャンピオンズリーグの大舞台でもプレーしている。しかし、チームの若返りに伴い、今冬は移籍の噂が流れていた。

一時は残留が濃厚になったと伝えられたが、ライプツィヒからDFマルセロ・サラッキがレンタルで加入したことにより、再び移籍の可能性が加速。放出リストに名前が載り、すでにセリエAのボローニャとは大筋合意に至ったようだ。2020年夏まで契約を残すため、移籍金は150万ユーロ(約1億8000万円)ほどに。その資金でガラタサライは補強に乗り出すと伝えられている。

ボローニャは日本代表DF冨安健洋も所属しており、今季はここまでセリエAで19試合を終えて13位につけている。長友の移籍が成立すれば、2年ぶりのセリエA復帰となる。

最終更新:1/14(火) 14:55
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事