ここから本文です

アニメ「虚構推理」、宮野真守の新曲を起用したエンディング映像がオシャレすぎると話題に

1/14(火) 15:54配信

AbemaTIMES

 アニメ「虚構推理」が、1月11日より放送スタートした(順次放送中)。アニメ本編で桜川九郎役を演じる声優・宮野真守がエンディング曲「LAST DANCE」(1月29日リリース)の歌唱を担当している。
 
 「虚構推理」は、「スパイラル~推理の絆~」や「絶園のテンペスト」などを手掛けた推理作家・城平京氏による小説シリーズが原作。“怪異”たちの知恵の神となった岩永琴子(CV:鬼頭明里)と“怪異”にさえ恐れられる桜川九郎(CV:宮野真守)が繰り広げる[恋愛×伝奇×ミステリ]だ。

 日本武道館やさいたまスーパーアリーナで単独公演を開催するほどの人気アーティストとしても活躍する宮野真守は、本編で桜川九郎役を演じるほか、エンディング曲「LAST DANCE」の歌唱も担当している。ジャジーな曲調に、宮野の色気たっぷりの美声、妖しげな雰囲気の映像がマッチしており、Twitter上では、「オシャレなED」と評判になっている。

 出演声優の間でもエンディングは好評なようで、岩永琴子役を演じる鬼頭明里は、「お洒落…お洒落がすぎる…!!!」とツイートした。さらに本山かおり(白狛犬役)は「EDオシャレのオシャレざんまい かっこよい!!!!」、塙真奈美(黒狛犬役)も「うわ~EDかっこいい」とTwitter上でコメントした。

(C)城平京・片瀬茶柴・講談社/虚構推理製作委員会

最終更新:1/14(火) 15:54
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事