ここから本文です

小さくたって逃げません!小兵・炎鵬、真っ向勝負で白星先行 解説者からも「素晴らしい」の声

1/14(火) 17:30配信

AbemaTIMES

<大相撲初場所>◇三日目◇14日◇東京・両国国技館

 前頭五枚目・炎鵬(宮城野)が、前頭五枚目・明生(立浪)に下手出し投げで勝利し、2勝1敗と白星を先行させた。

【映像】鮮やかな炎鵬の相撲(58分ごろ~)

 立ち合い、素早く踏み込んだ炎鵬は、明生に深く左下手を差す理想的な展開に。腕を極められ、頭を押さえつけられても強靭で柔らかな足腰で粘ると、今度は右の下手を引き、出し投げ。抱えられる、押しつぶされるといった、“炎鵬対策”を逆に対策したような相撲ぶりで、またも館内を沸かせた。

 AbemaTVで解説を務めた元前頭・金開山の高崎親方は「逃げませんよね。素晴らしい」と、小兵だからと相手の周囲を動き回るのではなく、まず正面からぶつかり、そこから工夫した相撲を見せた炎鵬を絶賛していた。

最終更新:1/14(火) 17:30
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事