ここから本文です

ついに妻が宅食サービスに手を出した!夫のホンネは?

1/14(火) 10:45配信

LIMO

近年の子育て・共働き家庭のニーズに応えて、食品宅配市場は右肩上がりに成長し続けています。特に、調理に必要な人数分の食材(カット済みの具材や調味料など)がセットになった料理キットの宅食サービスが人気です。

ところが、世の夫たちの中には「家事の怠慢じゃないか?」「料金が高すぎないか?」など、妻が宅食サービスを利用することに違和感を覚える人もいるようです。実を言うと、我が家の夫もそのひとり。そこで、宅食サービスの利用を渋っていた筆者の夫に、ホンネを聞いてみました。

料理のセンスが乏しい妻

前提として、筆者は料理があまり得意ではありません。とはいえ、料理をすること自体は好きです。独身時代には、自分好みの味付けや量に調理できる自炊生活を楽しんでいました。しかし結婚を機に、それまでのやり方では全く通用しないことを思い知らされます。

身長が150cmほどしかない小柄な筆者に対し、夫は身長180cm超えの大男、さらに趣味はスポーツでいつも腹ペコ…。一度の食事でも想定をはるかに超える量をペロリと平らげてしまうのです。

また筆者が知る料理レシピのバリエーションの少なさにも落胆する日々。悪気は全くないのですが、夫は和洋折衷さまざまな料理をリクエストしてくるのです。おそらく調理師免許を有する義母が、いろいろな料理で夫を育ててきたのでしょう。

この状況を打開するために人生初の料理本を買い、料理サイトを閲覧し、レシピ通りに料理を作る練習をしました。ところが…料理本に記載されている材料が全てそろわなかったり、調味料が不足していたりすると、なかなか納得の行く仕上がりにならないのです。おそらく、料理のセンスがないのでしょう。

2人目の出産&仕事復帰で事態は一変!

やっと夫のリクエストに応えられるようになってきた頃、第一子が誕生。また“離乳食作り”という新たな壁が立ちはだかりましたが、一度にたくさん作って冷凍保存したり、電子レンジで簡単調理をしたりを駆使し、何とかやっていました。そして、大人用と子ども用の料理を作り分けるコツをつかめてきた頃に第二子が誕生。さらに第二子が生後6ヶ月を迎える頃、筆者が仕事復帰することになったのです。

すると、家庭生活が一変! 筆者の時間的・精神的余裕がなくなり、家事はいつも後手後手状態…特に料理に割く時間は明らかに短くなってしまいました。「夫や子どもたちのために料理を作ってあげたい! でも…献立を考える時間や買い出しをする時間を捻出できない…」そんな現実と理想とのギャップに苦しむ日々が続きました。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 10:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事