ここから本文です

いつまでも無神経!姑は偉いの?嫁たちを震えさせた「命令型姑エピソード」

1/14(火) 9:45配信

LIMO

年末年始、久しぶりに再会した姑に「やっぱりこの人苦手…」と感じた経験がある人も多いのではないでしょうか。今回は、お嫁さんたちにそんな感情を抱かせてしまう、「自分の感覚は絶対」「家族全体を操作したい。」という想いが見え隠れするような、強烈なお姑さんエピソードを集めてみました。

命令型姑エピソード

昔はよく姑のことを「育児の大先輩」なんて呼んだものです。しかし、情報を比較的容易に仕入れやすくなった現代において、30年以上前の情報はもはや使えないものもたくさん。そんな姑から「ああしなさい」「こうしなさい」と言われるのは苦痛なものです。

・「専業主婦だった姑。共働きの我が家を最初から快く思っていませんでした。会うたびに『いつ辞めるか決めた?』と言われるのですが、私は辞めるなんて一言も言っていません。そのことを自分でも言ったし、夫からも何度も言ってもらっているのに全く意見を変えない姑。『妻が働いていたら夫を支えられないじゃない!』なんて、それ、いつの時代ですか?」

・「自然食品大好きな姑は、ちょっとしたレトルトすら大反対。普段しっかり料理しているし、本当に忙しい時しか使わないのに、家にレトルト食品があるのを見つけただけで大騒ぎ。『子供のことを考えたらこんなもの買わない!』だそうです。また、ファミレスも大嫌いで、ひたすら家で手料理。でもお義母さん、あなたの息子さんの一番の好物は、ジャンクフードですよ?」

・「昔から家のことを何もしない舅。それを当たり前だと思っている姑は、夫が育児を手伝うことを快く思いません。子供が夫と公園にいった話をすると『休日もあの子をこき使ってるの? 外で働いてくれている夫に感謝が足りないんじゃない?』と文句を言われました。すみません、私も外で働いているのですが…」

こちらの話も聞かず一方的に責めてくる姑たち。これではお嫁さんたちから敬遠されてしまうのも納得です。

姑の言葉で心も身体も限界!

意見が合わなくても、夫の親である義両親とはなるべく波風を立てたくないものです。しかし、あまり頑張りすぎていては心にも身体にもよくありません。

・「少々母乳の出が悪かった私。義実家に行ったときに、子どもにミルクを飲ませていたところ、母乳信仰の姑に『まー! こんなものを飲ませて! 母乳はでないの? 出し方がわるいんじゃない?』と独自の母乳指導を受ける羽目に。姑のあまりの勢いに、私自身『母乳育児をしなくては』という強迫観念にとらわれてしまって…。しかし、私の母乳はその後も思うように出ず、思い悩みすぎて、体調を崩してしまいました。今考えると、あの場だけ適当にやり過ごせばよかったと後悔しています」

・「夫から、姑は家事育児のスペシャリストだと聞かされていました。要領の悪い私は少しでも姑に近づこうと一生懸命頑張りました。しかし、姑の『ここはこうじゃない』という言葉や、夫の『これは違うんだよ、母さんに聞かなかった?』というダメ出しの連続で、心が折れてしまい。しばらく家事も育児も何もかも嫌になって、家に引きこもるようになってしまいました。」

一生懸命何かをすることはいいことです。しかし、自分の気持ちを押し殺したり無理をしすぎないよう要注意です。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 9:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ