ここから本文です

スバル初が盛り沢山だった! 新型「レヴォーグ STI Sport」初公開へ

1/14(火) 11:10配信

くるまのニュース

車両開発の段階からSTIが参加した新型モデル

 スバルは東京オートサロン2020において新型「レヴォーグ プロトタイプSTI Sport」を初公開。

【画像比較】新型レヴォーグとSTI Sportは何が違う?

 新型レヴォーグは2020年内の発売を予定していて、2019の東京モーターショー2019でお披露目しました。

 オートサロンで公開された「STI Sport」はカタログモデルとして設定される高性能グレードにあたります。

 2019年の東京モーターショーで公開された標準仕様とのスタイリングの違いは、ホイールのほか、フロントグリル、フロントバンパー左右のエアインテーク、車体下部のスポイラー、マフラーエンド、そしてSTIエンブレムなどが変更されています。

 現行モデルの「STI Sport」同様、さりげなくスポーティなテイストになっているのです。

 内装に関しては、濃いスモークフィルムが貼られていて確認することができませんでした。

 しかし、異なるのはスタイリングだけではありません。「STI Sport」では、標準モデルにないふたつのスバル初アイテムが搭載されることになりました。
 ひとつは「電子制御ダンパー」、もうひとつは「ドライブモードセレクト」です。いずれも新型レヴォーグの標準車には採用のない機能だといいます。

 ドライブモードセレクトは、これまでスバル車に搭載されていた「SIドライブ」を発展させたもので、従来のSIドライブは変更内容をパワーユニット制御だけとしていました。

 対して、ドライブモードセレクトはパワーユニットに加えてステアリングやダンパー、さらにAWDシステムまでも特性を切り替えできる統合セレクターとしているのが進化ポイントです。昨今は採用する車種が増えているアイテムで、スバルも満を持して採用といっていいでしょう。

 そんな新型レヴォーグ プロトタイプSTI Sportですが、開発においても初の試みがおこなわれています。

 それは、量産車の開発初期段階からSTIが関わっていること。STIとは、スバルのモータースポーツ活動や高性能カスタマイズモデルを担当する関連会社です。

 スバルの新型車開発は、いままでスバル本体が標準モデルを開発し、標準車が完成してからSTIが手を加えるのが通常でした。

 しかし新型レヴォーグ プロトタイプSTI Sportでは、まだ量産車の仕様が決まる前の開発初期段階からSTIが量産車開発に参加。

 モータースポーツ活動などからフィードバックされた知見を活かすことで、より高い走行性能を作り上げるというわけです。

 それも、走りのエンジニアだけでなく、商品企画の担当までSTIのスタッフが携わったというから、いままでのスバル車に無い新しい取り組みとして、興味深いところです。

工藤貴宏

最終更新:1/14(火) 13:48
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事