ここから本文です

【改良新型】シボレー・カマロ・コンバーチブル、内装も撮影 東京オートサロン2020

1/14(火) 6:10配信

AUTOCAR JAPAN

フロントデザイン刷新

アメリカを象徴するスポーツカー「シボレー・カマロ」の改良新型が、東京オートサロン2020で発表された。

【写真】改良新型カマロの内装/細部 東京オートサロン2020で撮影【実車】 (24枚)

今回のマイナーチェンジでは、2018年のSEMAショーで好評だった「SHOCKコンセプトカー」のフロントバンパー&グリルを採用している。

センターバーをボディカラーに変更することで存在感を高め、シボレーのエンブレムであるボウタイの位置をアレンジ。カマロのスポーティさ、精悍なイメージがさらに印象づけられている。

なお、このフロントデザインはLT RS、コンバーチブル、SSで共通となっている。

内装/標準ナビ

また、GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウド・ストリーミング・ナビ」を標準装備したのもトピック。

GPSの電波が届きにくい長いトンネルなどでも、自車位置を測位することができる。

これは、車両に搭載された専用端末機器からクラウド・ストリーミング・ナビ・サーバーへのアクセス、およびナビゲーションにおける地図情報・交通情報を提供するもので、ソフトバンクの4G通信網による電気通信サービスを利用する。

使用には正規ディーラーでの新規利用申込みが必要だ。

さらにエア注入時に適性空気圧をアラート音で知らせる新機能「タイヤフィルアラート」を標準装備に追加している。

日本価格/スペック

改良新型カマロの価格はLT RSが565万円、写真のコンバーチブルが645万円、SSが748万円。

■シボレー・カマロ・コンバーチブル スペック
価格:643万円
全長×全幅×全高:4785×1900×1350mm
車両重量:1680kg
パワートレイン:直列4気筒1998ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:275ps/5500rpm
最大トルク:40.8kg-m/3000-4000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

ヘリテージ・エディションも

また、ボディカラーに新色のラリーグリーンメタリックを採用したスペシャルモデル「シボレー・カマロ・ヘリテージ・エディション」も同時に発表された。

初代カマロで使われたラリーグリーン色よりも深い、洗練された色合いで仕上げられたのが特徴。

クーペ専用デカールとしてホワイトパールラリーストライプを装備し、ひときわスポーティな印象に仕立てられている。

ヘリテージ・エディションは限定生産で、LT RS(30台)が565万円、コンバーチブル(20台)が645万円、SS(40台)が748万円。

新型、限定モデルのいずれも注文受付けは始まっており、納車開始は2020年夏頃の予定となる。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:1/14(火) 6:10
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事