ここから本文です

「次期エース」の象徴を背負った"怪物ルーキー"…青森山田・松木玖生「来年は10番を付けて…」

1/14(火) 21:04配信

SOCCER KING

 今年度の選手権は“怪物ルーキー”の活躍抜きには語れない。松木玖生。一躍その名を全国に轟かせた正真正銘の大物だ。1年生で青森山田の“7番”を背負い、スタメンとしてピッチに立つ――、これだけでも十二分にポテンシャルの高さを表しているが、この男はそれだけにとどまらなかった。

【トーナメント表】第98回全国高校サッカー選手権大会

初の選手権で大会の“顏”に

 青森山田中学から進学すると、実力を買われレギュラーに抜擢された。“チーム力”をテーマに掲げたチームの中核を担うと、青森山田はユース世代最高峰の舞台、高円宮杯プレミアリーグEASTを制覇。そして、名古屋グランパスU-18と対戦したチャンピオンシップでは、2-2で迎えた後半、松木が得意の左足でゴールを奪うとこれが決勝点に。同世代の強豪を次々と撃破し、「日本一」の称号を勝ち取った。

 迎えた自身初の選手権。初戦となった米子北(鳥取)戦でチーム初得点を決めると、続く富山第一(富山)との2回戦では2得点をマーク。さらに、帝京長岡(新潟)と対戦した準決勝では、決勝ゴールを決めて、チームを2大会連続の決勝戦へと導いた。

 ダブルボランチの一角、またはインサイドハーフを任されると、縦横無尽の動きで攻守に奮闘。最終ラインからボールを引き出すと、サイドへの展開やドリブルで前線へと持ち上がりチャンスを演出。フィル・フォーデン(マンチェスター・C)を参考にしているというゴール前への飛び出しや、空中戦にも長け、セットプレーからでも得点できる強味がある。守備では1年生ながら当たり負けしないフィジカルを誇り、青森山田らしい球際の激しさで、攻撃の芽を摘み取る。

 選手権で挙げた計4得点は、堂々の得点ランキング2位(1位は静岡学園・岩本悠輝と四日市中央工・森夢真の5得点)。大会の“顏”の1人として、選手権を大きく盛り上げた。

期待を物語る「次期エース」の背番号

 静岡学園(静岡)との顔合わせとなった決勝戦は、2-0とリードを奪いながら3失点を喫し、大逆転で連覇を逃した。勝ち越しゴールを奪われた場面、間接FKからフリーでヘディングシュートを許してしまった。松木がマークしていた選手だった。

「自分がマークを外してしまった。本当に申し訳ない…」(松木)。試合後、静かにそう話し肩を落としたが、まだまだ“先”がある。

 青森山田の“7番”は1年生が背負うには重すぎる番号かもれない。かつては今年度の主将を務めた武田英寿(浦和レッズ入団内定)をはじめ、檀崎竜孔(現北海道コンサドーレ札幌)、郷家友太(現ヴィッセル神戸)らが2年次に背負ってきた番号で、後に彼らは全員“10番”を託された。今では「次期エース」の番号として知れ渡った背番号は、何よりも松木に対する期待値の高さを物語っている。

 同じく1年で7番を背負った柴崎岳(現デポルティーボ)と比較する声も挙がるほどで、レギュラーに抜擢した黒田剛監督も「松木は度胸があると思います。柴崎も1年生から試合に出ていましたが、彼が1年の時より肝が据わっているし、体もできている」と一目置く存在だ。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 21:07
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事