ここから本文です

両横綱敗れる波乱、遠藤は連続金星に続き大関も撃破

1/14(火) 17:58配信

日刊スポーツ

<大相撲初場所>◇3日目◇14日◇東京・両国国技館

2日連続金星と最高の滑り出しを見せていた人気力士の前頭筆頭遠藤(29=追手風)が2横綱に続き大関も撃破した。かど番の豪栄道(33=境川)を突き落として3連勝を飾った。豪栄道は3連敗。

【写真】豪栄道を破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる遠藤

2場所連続となる44度目の優勝を目指す横綱白鵬(34=宮城野)は前頭筆頭妙義龍(33=境川)に敗れ1勝2敗となった。妙義龍はは1勝2敗。2場所連続休場明けの横綱鶴竜(34=陸奥)は前頭2枚目北勝富士(27=八角)に押し出され1勝2敗。北勝富士は3連勝。

2度目の優勝を目指す大関貴景勝(23=千賀ノ浦)は小結大栄翔(26=追手風)を押し出して2勝1敗。大栄翔は1勝2敗。

2度目の優勝を狙う新関脇朝乃山(25=高砂)は前頭4枚目隠岐の海(34=八角)を寄り切って3連勝。隠岐の海は1勝2敗。

人気の小兵・前頭5枚目炎鵬(25=宮城野)は同5枚目明生(24=立浪)を下手出し投げで下し2勝1敗。明生は3連敗。

12場所ぶりの平幕で迎えた元大関の前頭6枚目栃ノ心(32=春日野)は同8枚目竜電(29=高田川)に寄り切られ1勝2敗。竜電は2勝1敗。

最終更新:1/14(火) 21:40
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事