ここから本文です

堀江貴文氏「臍ヘルニア」で緊急入院「腹膜にひび」

1/14(火) 15:55配信

日刊スポーツ

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)が、「臍(さい)ヘルニア」の手術のため緊急入院したことを報告した。

【写真】堀江貴文氏、東国原氏への「てめー」発言を直接謝罪

堀江氏は13日、北海道・函館市内にある病室のベッド上で撮した動画をユーチューブ公式チャンネルにアップし、「臍ヘルニアという症状になってしまいまして、それの手術を受けるべく、前々日から入院をしているという状況で、明日いよいよ手術ということになりました」と説明した。

臍ヘルニアはへそから腸が飛び出す病気で、堀江氏は1年半ほど前に自分のへそが出てきたことに気づき、医師の友人にCT検査を受けた際の画像を見せて相談したところ、「腹膜にひびが入っている」と診断され、手術を勧められていたという。

スケジュールの都合から先送りにしていたが、12日に函館でスノーボードを楽しんでいたところに痛みがひどくなり、救急搬送されたことを明かした。

最終更新:1/14(火) 17:27
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ