ここから本文です

「メルカリが詐欺師の実験場に」後払いサービス「Paidy」使ったフリマ詐欺被害者続出【追記あり】

1/14(火) 18:01配信

ねとらぼ

 現在、給料日前でも気軽に買い物ができる、ということで流行りつつある「後払い決済」。今お金はないけど数日後の給料日だったら買える……。そんな時にお金を前借りできる便利なサービスとして知られていますが、この「後払い決済」を使用した詐欺がメルカリなどのフリマサイトで横行しています。

【画像】見てわかるメルカリPaidy詐欺

 ネット上では、被害者の声が続々と上がっており、認知と注意が必要です。

●「メルカリで購入したのに、ヤマダ電機から直接届いた」Paidy悪用の詐欺

 現在ネット上で、「メルカリで購入したのに、ヤマダ電機から直接届いた」や「後になってコンビニ振込請求書が届いた」といった事件が話題となっています。

 これは、Paidy社による後払いサービス「Paidy翌月払い」を悪用した詐欺です。「Paidy翌月払い」は、クレジットカード・住所の登録が必要なく、翌月にまとめて銀行口座振替やコンビニ支払いなどで支払うことができる便利なシステムです。

 このサービスが問題視されているのは、料金が支払われなかった場合、最終的に商品の送付先に請求書が届く、という点です。送付先の人が購入者でなくても商品代金を請求されてしまうのです。

●1月13日から急激にトレンド上昇

 SNS分析ツールで「Paidy 詐欺」のトレンド件数を見てみると、1月13日に急激にトレンド件数が上昇しています。

●「Paidy翌月払い」悪用詐欺の仕組み

 それでは、話題となっている「Paidy翌月払い」を悪用した詐欺の仕組みについて説明します。

 まず、詐欺師が激安商品をメルカリに出品します。メルカリは「メルカリ便」を使用せず出品すると、商品の送付先として購入者の住所が出品者に伝わってしまいます。詐欺師はこれを利用しました。

 メルカリ利用者が詐欺師の商品を購入すると、詐欺師は通販サイトなどでメルカリ利用者の住所を送付先に設定した上で、「Paidy翌月払い」を利用して商品を購入します。メルカリ利用者は、そうとは気付かず詐欺師へお金を振り込み、商品を得ます。

 本来ならばここでメルカリでの取引は終了しますが、詐欺師は「Paidy翌月払い」を利用しているので、メルカリ利用者はPaidyから請求書が届き、二重に支払いを要求される、というものです。

 「Paidy翌月払い」は、携帯電話番号とメールアドレスのみで登録できるサービスで、銀行口座振替の登録や銀行振込がされない場合は、商品の送付先にコンビニ振込請求書が届く、という仕組み。

 今回問題となっているのは「送付先に請求書が届く」というシステムを悪用した詐欺です。現在、ビックカメラやヤマダ電機など大手家電量販店や一部通販サイトでは「Paidy翌月払い」の利用を停止しています。まだ「Paidy翌月払い」の悪用が可能なお店などもあるので、メルカリなどフリマサイトで商品を購入する際には注意が必要です。

 ※【2020年1月15日18時50分 訂正】初出時 、通販サイトAmazonが「Paidy翌月払い」の利用を停止しているとの記載がありましたが、正しくは「一部ユーザーのPaidy翌月払いが利用できない」でした。お詫びして訂正いたします。

1/3ページ

最終更新:1/17(金) 19:55
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ