ここから本文です

仲間の思いを料理に込めて!地元愛いっぱいのログハウスカフェ~ふるさとWish遠賀町~

1/14(火) 16:15配信

九州朝日放送

福岡県北東部、北九州の西側に位置する遠賀町。遠賀川が流れ、水と緑に囲まれた自然豊かなエリアです。古くから農耕文化が栄えたこの町では、今でも農業が盛んで、新鮮や野菜や果物が町の特産物になっています。

2020年1月6日(月)に放送された、KBCの夕方のニュース番組「シリタカ」の人気コーナー「ミツケタ!」では、同町をこよなく愛する親子が営むカフェを紹介しました。

「地元」と「手作り」にこだわるログハウスカフェ

カイラくんが訪れた「ジモカフェ & アトリエ木布(きぶ)ん」は、木の温もりに溢れたログハウスカフェ。店内は、洋服や雑貨、陶器などが並ぶアトリエスペースと、料理を提供するカフェスペースに分かれています。

カイラくんを迎えてくれたのは、穏やかな笑顔がステキな高橋豊子さん。「大好きな趣味の延長なんです」という豊子さんが担当するアトリエスペースには、自らが手掛けたパッチワーク作品をはじめ、国内外から厳選した雑貨や洋服、陶器などが所狭しと並んでいます。「手作りが大好き」という豊子さんのイチオシは、店内でひと際存在感を放つ木製のカヌー!「チーク材をくり抜いた手作りのカヌーなんですよ!すごいでしょ?!」と説明する豊子さんは、まるで少女のように目を輝かせます。

新鮮野菜にこだわる自慢のカフェメニューも!

カフェスペースを担当するのは、息子の高橋義和さん。「ふるさとを盛り上げたい!」と、福岡市内のレストランでの修行を経て3年前に帰郷し、カフェスペースをオープンさせたといいます。料理は「地元」と「手作り」にこだわり、義和さんの地元の友人が作る野菜を中心とした体にやさしい料理と自家製パンが人気です。

早速、カイラくんの目の前に登場したのは、熱々鉄板でジュージューとおいしそうな音を立てるステーキ!食べたい気持ちが勝って、前のめりになりながら、「このお肉も遠賀産ですか?」と尋ねるカイラくんに、「いえ、実はその熱々のプレートが遠賀産なんですよ」と答える義和さん。その言葉にカイラくんだけでなく、スタジオ勢も思わず驚愕の声を上げてしまいます。「地元の石材屋さんに特注で作ってもらった溶岩プレートなので、遠賀産でしょ?遠赤効果でお肉はフワフワ、柔らかくてジューシーですよ」と言葉を続けます。お肉を頬張るカイラくんも「確かに!すっごく柔らかくて、肉汁が口いっぱいに広がります!」と大満足の表情です。

1/2ページ

最終更新:1/14(火) 16:15
九州朝日放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ