ここから本文です

ゴールドマンの大変身、 モルガンSは困難とJMP-15、16日に決算

1/14(火) 15:06配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米大統領選挙などの波乱要因がある2020年は、「マクロ環境」に左右される株式銘柄よりも「企業に特有の変化やかけ離れた価値」を秘める銘柄を探すべきだと、JMPセキュリティーズのアナリスト、デビン・ライアン氏がリポートで指摘した。

そうした見方で同氏はゴールドマン・サックス・グループの投資判断を「マーケットアウトパフォーム」に引き上げる一方、モルガン・スタンレーについては「マーケットパフォーム」に引き下げた。

ライアン氏は「ゴールドマンは金融サービス業界で最も意味のある変身を遂げる初期段階にある」とし、投資家が「同社で起きている進化と成長のシフトを過小評価、あるいは無視している」可能性があると分析した。ゴールドマンは個人向け銀行業務や資産管理など新しい分野に進出しているが、既存の営業利益率やインフラを保護する必要はないという。

これに対し、モルガン・スタンレーの「業績は、市場環境により密接に結び付いている」と同氏は説明。さらに比較的成熟したプラットホームを持つほか、特にウェルスマネジメント部門の顧客資産は2兆6000億ドル(約286兆円)と大きな基盤から成長することになるため、「顕著な変化をもたらすことが難しい」状況が示唆されると論じた。

ゴールドマンは15日、モルガン・スタンレーは16日にそれぞれ決算を発表する。

原題:Goldman Shines, Morgan Stanley Dims in JMP’s 2020 Banks View (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Felice Maranz

最終更新:1/14(火) 15:06
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事