ここから本文です

ルクレール、ブラジルGPのようなフェラーリの同士討ちは「2度と起こらない」

1/15(水) 8:13配信

motorsport.com 日本版

 シャルル・ルクレールは、フェラーリ加入1年目の2019年シーズンに2勝・7ポールポジションを挙げる印象的な活躍を見せた。彼は2020年シーズンのタイトル争いに加わるために、より良い仕事をすると決意している。

【ギャラリー】互いの思いが交錯する瞬間……F1における同士討ちの歴史を振り返る

 2019年はとりわけ予選で速さを見せたルクレールだが、今後は決勝レースでの走りを改善することが課題だと考えている。

「(フェラーリに加入して)最初の3~4レースを終えて、僕の弱点はレースよりも予選であることが分かった」とルクレールは語った。

「だからまずは予選に焦点を当てることにした。するとフランスGP以降はかなり大きな進歩を遂げることができたんだ。予選に関しては今は良い感じだと思う」

「レースではまだやるべきことがかなりあると思う。セブ(セバスチャン・ベッテル)はレースでたくさんの経験を積んでいて、現時点で僕よりも強い。だから僕はオフシーズンのほとんどを、レースでの走りの改善に充てるつもりだ」

 またルクレールは、シーズン序盤に彼とフェラーリが犯したようなミスを排除することも不可欠だと考えている。

「僕は2019年にしたようなミスを少なくするために懸命に取り組んでいるところだ」とルクレールは続けた。

「これはチームとしても焦点を当てるべきことだと思う」

「シーズン最初のレースの前にパフォーマンスを測るのはとても難しい。実際に2019年のウインターテストの成績は、シーズン開幕戦よりもずっと良かったしね。だから開幕戦を待つしかないよ」

「でも今の僕たちはいたって順調だ。パフォーマンスを確かめるのはもう少し後になると思うけど、間違いなく2019年の時よりも良い準備ができていると思う」

 また2020年のフェラーリにおける最大の注目ポイントは、ルクレールとベッテルによるチームメイトバトルであると言えよう。ブラジルGP終盤での同士討ちは、2019年シーズンの“ハイライト”とも言える。

 ルクレールはベッテルと意見が一致しない時期があったことを認めつつも、レーストラックを離れた場所での関係はかなり良好であることを強調した。

「僕たちはレースでどんなことが起ころうとも、それを理解できるほどには成熟している。僕たちふたりはあくまでライバルなんだ」

「僕たちふたりは共に勝ちたいと思っているし、そうでなければおかしいと思う。僕たちは戦っているんだし、レースで何かしらの衝突が起きることもあるかもしれない。でもふたりとも大人だから、コース上で起こったこととそれ以外のことを分けて考えられる」

「最も重要なことはお互いにうまく仕事をすることだと思う。特にサーキットの外では、お互いできる限りの力を尽くしてマシンを開発しなければいけない」

「そしてもちろんサーキットでも、ブラジルのように一線を越えてはいけない。でもあれが僕たちにとって良い教訓になったと思うし、あんなことは二度と起こらないだろう」

Jonathan Noble

最終更新:1/15(水) 8:13
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事