ここから本文です

松島輝空、ベスト16進出 インターハイ準優勝校レギュラー下す<全日本卓球2020>

1/15(水) 10:35配信

Rallys

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

【画像】12歳・松島、インハイ選手に勝利

15日、全日本選手権(以下、全日本)男子ジュニアの部4回戦が行われ、12歳・松島輝空(木下グループ)がゲームカウント3-1で勝利した。

インハイ出場選手に見事な作戦勝ち

松島はジュニアの部初戦となった前日の3回戦を試合時間わずか14分で制して、4回戦に進んでいた。

対戦相手の松田歩真(野田学園高)は2019年インターハイ3種目(シングルス、ダブルス、団体)に出場し、野田学園のインターハイ団体準優勝に貢献した。今大会でも、一般男子シングルス・ダブルス、ジュニアの部の3種目に出場している実力者だ。

試合は1ゲーム目からお互い積極的に攻める展開になるも、このゲームは回転量をコントロールしたサーブで優位に立った松島がモノにする。しかし、続く2ゲーム目は松田のサーブが効き始め、強烈な両ハンドで松島を圧倒。わずか3点で松島はゲームを落としてしまう。

松島にとって悪い流れになるかに思われたが、3ゲーム目は松島は我慢してボールを繋ぐ戦術でリードを広げ、このゲームを奪取した。4ゲーム目も松田がドライブ連打で攻める展開が続くが、松島はブロックやカウンターで応戦する。リードを保ったまま点を重ね、最後は強烈なフォアドライブを叩きこんでこの試合を制した。

詳細スコア

○松島輝空(木下グループ)3-1 松田歩真(野田学園高)
11-8/3-11/11-6/11-8

ラリーズ編集部

最終更新:1/15(水) 21:34
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ