ここから本文です

ウェイト東海 収納ラック拡販に力 転落防止柵付き フォークリフト専用 コンサル業務も

1/15(水) 6:05配信

中部経済新聞

 足場工事や足場材販売、機械器具設置工事などを手掛けるウェイト東海(本社半田市岩滑中町4の130の1、片山和洋社長、電話0569・32・2530)は、荷物の転落防止柵が付いたフォークリフト専用収納ラック「セーフティー・ゲート・ボックス(S・G・B)」の拡販に力を入れている。工場作業時の安全対策や地震など自然災害発生時の安全対策、BCP(事業承継)対策などにメリットがある。本格展開に向け販売代理店を募集しているほか、今春から同装置を活用した作業環境の安全対策コンサルティング業務にも乗り出す。

最終更新:1/15(水) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事