ここから本文です

AAA 年内で活動休止 浦田脱退からわずか14日 ソロ活動経て再結集約束

1/15(水) 5:59配信

デイリースポーツ

 男女5人組グループ・AAAが年内いっぱいで無期限の活動休止に入ることが14日夜、分かった。公式ホームページなどによると、メンバー全員で今後の活動や生き方を何度も話し合った上での結論。あえて「解散」という言葉は使わず、デビュー15周年という節目に「それぞれの道を歩む」ことを決めた。休止発表とともに15周年記念ベストアルバム発売と、グループ史上最大規模となる初の5大ドームツアー開催決定も報告。12月末から充電期間に入る5人はソロ活動を通じた個々の成長を訴え、再結集を約束した。

【写真】浦田もいた…6人いたのときのAAA

 昨年末に元メンバーでリーダーだった浦田直也(37)が脱退。5人組グループとしてスタートを切ってからわずか14日での電撃発表となった。

 メンバーの西島隆弘(33)は「『AAA』らしいエンタテインメントがまたお届けできるように煮え詰まり過ぎた僕らの『AAA』に対する思いを少し休ませてください」と長文で思いをつづった。

 関係者によると、メンバーたちは節目を迎えるごとにグループやソロ活動の在り方に悩むことがあり、16年4月から休止に向けた協議を開始していた。メンバーの卒業や脱退を経験する中で、15周年という節目を区切りに活動を一時休止することを選んだという。

 休止期限は設けていないが、解散については否定。充電期間はソロ活動に打ち込む予定だ。すでにSKY-HI名義で、ソロアーティストとして活躍する日高光啓(33)は「AAAは終わった訳ではないです。どんな形でも、2021年以降のいつかまた皆さんと“AAA”としてお会いできる様に精進して参ります」とファンに復活を約束した。

 活動休止とともに、05年のデビュー曲「BLOOD on FIRE」から最新曲「BAD LOVE」までのシングル全57曲を収録したベスト盤の発売決定も公表。また、11月7日の埼玉・メットライフドーム公演を皮切りに、大阪、名古屋、福岡、東京を回る初の5大ドームツアーも発表された。それぞれがソロとしてパワーアップし、“新生AAA”として再始動する日を夢見て、5人は充電前のラストイヤーを全速力で駆け抜ける。

最終更新:1/15(水) 7:28
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事