ここから本文です

インディ500予選落ちを振り返るマクラーレンCEO「とても愚かなミスだった……」

1/15(水) 12:43配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレン・レーシングのザク・ブラウンは、予選落ちに終わった2019年のインディ500で”愚かなミス”を犯していたと認め、シリーズにフル参戦復帰する2020年は同じようなミスをしないと誓った。

【動画】第103回インディ500決勝ロングハイライト

 シュミット・ピーターソン・モータースポーツと提携し、アロー・マクラーレンSPとしてインディカーへの復帰を発表したマクラーレン。ここ数年はフェルナンド・アロンソと共にインディ500にスポット参戦していた。

 2017年はアンドレッティ・オートスポートのフルバックアップを受け、マシンを作り込んでいったアロンソ。決勝ではラップリードを記録するなど、エンジントラブルでリタイアするまで素晴らしい走りを見せた。

 2019年は、カーリンと提携こそしていたものの、あくまでマクラーレンとして伝統あるレースに臨んだ。しかし、マクラーレンとアロンソはプラクティスから苦戦。最終的にフンコス・レーシングのカイル・カイザーに土壇場で敗れ、予選落ちを喫してしまった。

 オートスポーツ・インターナショナルに訪れたブラウンは、2019年のプログラムについて”大失敗”だったと評した。そして、テキサスでの最初のテストでステアリングホイールの準備すら整っていなかったことや、予選直前のセットアップ変更でメートル法とインチ法の変換にミスが生じていたことなどを認めた。

「マクラーレンのオーナーは素晴らしい。マンスール・オジェ(マクラーレンの大株主)は、モータースポーツにおいて伝説だ。そして、彼らは私に自由を与えた」

 ブラウンは、マクラーレンにおける自身のアプローチについてそう語った。

「2017年にインディ500に出た時はクレイジーなアイデアだったが、彼らのサポートを非常に迅速に得られた。そして昨年の大失敗の後でも、彼らは『浮き沈みはつきものだ』と言ってくれた」

「その失敗から逃れることはできない。しかし、我々がやらなければいけないのは、過ちから学んで、それを繰り返さないことだ。後から考えれば、私が犯したいくつかのミスは非常に愚かだったと思う。今年は違うやり方をするつもりだ」

「しかしどんなことがあっても、彼ら(マクラーレンのオーナー)は優れたボスであり、マクラーレンをトップに戻すための権限を私に与えてくれた」

 ブラウンは、チーム組織を強化する上でロジャー・ペンスキーを指標としているようだ。

「私は幸運にも、ほとんどのF1チームやインディカーチーム、そしてロジャー・ペンスキーと仕事をしたことがある。そして、若い頃から常に『ロジャー・ペンスキーなら何をするか、ロジャー・ペンスキーならどうするか』を考えてきた」

「ロールモデルを手に入れ、人々が何をしているのかを見ると、成功している人々から多くのことを学ぶことができる」

「彼(ペンスキー)はビジネスを構築するためにレースを活用し、レースを構築するためにビジネスを利用した。私は、ロジャーの大ファンなんだ」

Jack Cozens

最終更新:1/15(水) 12:46
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事