ここから本文です

「正直迷った」末に小泉進次郎氏が育休取得へ、“空気読まずに”取る理由

1/15(水) 13:09配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

小泉進次郎環境相は1月15日、妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルさんとの第一子の誕生に合わせて出産から3カ月の間に「通算2週間」、育児のための休暇を取得することを明らかにした。環境省の会合の場で表明した。

【全画像をみる】「正直迷った」末に小泉進次郎氏が育休取得へ、“空気読まずに”取るべき理由

「どのように育休をとるかとても正直迷った。制度だけでなく、空気を変えないと、取得する公務員も増えていかない」と、男性公務員の育休を原則1カ月以上にする政府目標をあげつつ、取得を決めた理由を明かした。

育児休業法が定める育休制度は、雇用されている「労働者」に認められているもの。国会議員に育休に関する制度はないのが現状だ。

小泉環境相は「(大臣の育休は)法令で定められておらず、自身が決められる」と、現行制度に触れつつ「考えた結果、これまで行ってきたように、公務最優先、危機管理万全という条件で、母親の負担が大きい出産から3カ月の間で、国会や閣議など重要な公務をのぞいた時間で、公務で支障のないように通算2週間を取得したいと考えている」と、表明した。

その上で「私の育休をきっかけに、環境省の中でも、みんなが臆することなく、育休を取得しやすい働き方が進むように期待している」と、あくまで育休を取りやすい風土づくりに寄与したいとの思いを強調。さらに、こう続けた。

「私が一番願うのは政治家の育休事態がニュースにならない、そういう世の中になること。(そうした世の中を)みなさんとともに作りたい」

(※以下の部分は、2019年9月11日に掲載した、小泉氏と育休めぐる記事を再掲しています)

「まずは国民が先」という野党議員も

「いや、取らせてやれよ、育休。お前みたいなこと言い出すやつがいるから誰も会社で育休が取れなくなるんだろうが」(Twitterより)

内閣改造発表の前日に当たる9月10日は、朝からすでに小泉氏の名前がTwitterのトレンド入りをしていた。発端は、小泉氏の育休取得の意向をめぐる、国民民主党の泉健太政調会長の発言だ。

日本記者クラブでの会見で泉氏が「彼が(育休を)取ることで呼び水になるという話もあるが、まずは国民が先だ」と話したと伝える報道が、賛否を巻き起こした。冒頭のTweetは、それを受けたもの。

「少子化対策が日本の最優先課題なんだから、国民が先なら有給休暇取らせてイクメンのトレンドを作るべきということがわからない爺共。100年後には日本の人口は4000万になるんだぞ!」

泉氏は「私は育休に反対と言っていない」とTweetするなど火消しに走ったが、「国民が取れる環境を整えてから」という泉氏の発言に共感を示し、小泉氏の育休取得に「違和感」を持つ人がいるのは事実だ。

1/4ページ

最終更新:1/15(水) 13:09
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事