ここから本文です

大相撲の世代交代、「ハッキリしたと言ってもいい」 やくみつる氏、「3日目で両横綱2敗の初場所」に見解

1/15(水) 15:09配信

J-CASTニュース

 令和初めてとなる「大相撲初場所」(東京・両国国技館)の3日目が2020年1月14日に行われ、白鵬、鶴竜の両横綱がそろって敗れた。

 同3日目を終わって時点で、両横綱とも1勝2敗という不甲斐ない成績。「令和2年になり、いよいよ世代交代か?」という報道も出てきている。

■「曙貴」以来の2横綱時代「同日金星配給」は22年半ぶり

 先に土俵へと上がったのは、鶴竜だった。初日に遠藤(東前頭筆頭)に不覚を取り、序盤戦ではこれ以上星を落とせない状況だった。しかし北勝富士(東前頭2)にのど輪をくらい、あっさりと押し出された。

 結びで登場したのは白鵬。妙義龍(西前頭筆頭)との一番だった。だが、妙義龍の突き落としを食らい、バタッと手をついてしまった。横綱曰く「足が流れてしまった」とのことだが、全盛期には考えられない負け方だった。

 大相撲では、平幕力士が横綱を破ることを「金星」と呼ぶ(小結以上が横綱に勝っても「金星」とは言わない)。今場所は、白鵬と鶴竜の2横綱が関取衆を引っ張っていくわけだが「2横綱時代で両横綱が金星同日配給」したのは、曙と貴乃花時代以来、22年半ぶり(1997年名古屋場所以来)となった。

 さらに気になるのが、西大関の豪栄道だ。初日から力なく3連敗。今場所は「かど番」(負け越せば大関から陥落)という背水の陣で臨んでいるが、序盤戦でズルズルと負けが込んでしまうようであれば「休場」の可能性すらある。まさに「正念場所」と言っていいだろう。

「平成三羽烏」と新勢力の台頭

 また栃煌山(東前頭16)も気になるところだ。実は豪栄道、栃煌山、そして元横綱の稀勢の里(荒磯親方)は、1986年生まれ(栃煌山のみ1987年の早生まれ)の「同学年」なのである。荒磯親方は中学卒業後に角界入りした、いわゆる「たたき上げ」力士。豪栄道は相撲の名門校である埼玉栄、栃煌山も同じく明徳義塾(高知)を経て、角界の門を叩いた。3力士は、入門当時から「平成の三羽烏」と呼ばれ、注目を浴びた。

 しかし、横綱になったのは荒磯親方だけで、豪栄道は大関で3連敗、栃煌山は幕尻ギリギリで1勝2敗となっている。年が明け、34歳の年度を迎える。どんなスポーツでもそうかもしれないが「35歳は1つの節目」という話は、よく聞かれる。

 一方で、朝乃山(東関脇)、遠藤(東前頭1)、北勝富士(東同2)、正代(西同4)、照強(東同14)は3連勝と勢いづいている。彼らは皆、20代である。体も動く上に「上位を食ってやろう」という意気込みが感じられる。

1/2ページ

最終更新:1/15(水) 19:43
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ