ここから本文です

今シーズン「花粉量少ない見込み」 飛散開始は2月初旬頃 福岡県医師会

1/15(水) 20:00配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

花粉が飛散するシーズンを前に、福岡県医師会は15日、今シーズンの花粉情報を発表しました。

2020年は例年より少ない予想だということです。

花粉症の人にはつらい花粉の季節。

福岡県医師会は、15日、今シーズンの花粉の飛散量について、スギは2019年の6分の1、ヒノキは2019年の5分の1と、飛散量が少なくなるという予想を発表しました。

県医師会によりますと、2019年夏の平均気温が低く雄花が成長しにくかったとしていて、飛散の開始時期は例年並みの2月初旬頃と見込んでいます。

県医師会は、油断せず対策してほしいと呼びかけています。

テレビ西日本

最終更新:1/15(水) 20:00
TNCテレビ西日本

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事