ここから本文です

若林舞衣子が産休から復帰 2020年はシード選手

1/15(水) 13:11配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は15日、ツアー3勝で31歳の若林舞衣子が産休制度から復帰すると発表した。

「サントリーの渋野です」

2018年11月より産休制度を利用していたが、本人から産休復帰届が提出され、産休制度第4条(※)により、シード選手として2020年シーズンを戦う。

若林は 「ダイキンオーキッドレディス(3月5日開幕、琉球GC)から復帰することになりました。とても楽しみです。世代は変わってきていますが、がんばります。粘り強くプレーするところを是非見てください」と話した。

※産休制度第4条
産休制度適用者は復帰年において、LPGAツアー規定第14条第1項第4号に定めるシード権の出場資格に従い、復帰年度中LPGAツアーの競技に出場できる。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ