ここから本文です

サカナクション、最新映像作品にサラウンド音声を初導入した経緯などを語るインタビュー動画公開

1/15(水) 13:00配信

rockinon.com

サカナクションが本日1月15日(水)にリリースしたLIVE Blu-ray&DVD『SAKANAQUARIUM 2019 “834.194” 6.1ch Sound Around Arena Session -LIVE at PORTMESSE NAGOYA 2019.06.14-』に収録されているサラウンド音声・Dolby Atmosを導入した背景などを語るインタビュー動画が公開された。


これまでサカナクションは、バイノーラルレコーディングや5.1chサラウンドなど積極的に立体音響システムをLIVE映像作品に導入してきた。本作にはサカナクションが初の試みとしてDolby Atmosというサラウンド音声が収録されており、今回公開された動画を通して、このサラウンド音声が一体どのようなものなのかをリスナーに伝える意図があるという。

なお、動画には、サカナクションの江島啓一(Dr)、レコーディングエンジニアの浦本雅史、Dolby Japanの中山尚幸のインタビューやグラフィック映像などが収録されている。これらの映像を元に、なぜサカナクションが、日本の音楽ソフトではまだまだ導入事例が非常に少ない音声システムDolby Atmosをあえて採用したのか、またDolby Atmosとはいったいどのような音声システムなのかの理解が深まる内容に仕上がっているとのこと。

●リリース情報
LIVE Blu-ray&DVD『SAKANAQUARIUM 2019 “834.194” 6.1ch Sound Around Arena Session -LIVE at PORTMESSE NAGOYA 2019.06.14-』
発売中

・Blu-ray 完全生産限定盤(2層1枚/音声 Surround(Dolby Atmos)/Stereo/96kHz 24bit):VIXL-298/7,900円+税
・DVD完全生産限定盤(2枚組[DISC1:2層/DISC2:1層]/音声 Stereo/48 kHz 24bit):VIZL-1725/6,900円+税
・Blu-ray通常盤(2層1枚/音声 Surround(Dolby Atmos)/Stereo/96kHz 24bit):VIXL-299/4,900円+税
・DVD通常盤(2層1枚/音声 Stereo/48kHz 24bit):VIBL-976/3,900円+税

特設サイト
サカナクション オフィシャルサイト

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:1/15(水) 13:00
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事